So-net無料ブログ作成

11月の結果と7台稼働での考察 [MBR3D&MBR3D-R]

12月に入りました~[猫]

今年も残り1ヶ月となりましたね。

さて、MBR3D-Rの複数起動プレイも3ヶ月目が終了しました。

前月は途中、苦戦しております! とお伝えしたように、中々苦しい展開となったのですが、なんとか利益確保は出来ました^^

ちなみに、10月終了時点のグラフはこれですが、

1201a.jpg

11月分を加えたものが、こちらになります。(※青線が11月運用分)

1201b.jpg

下限は、11月12日からの3日連続リカバー失敗後、1日置いて2日連続失敗時に累計利益が+$44。上の方では、” $4500の壁 ” みたいのがあって、2度程跳ね返されましたが、3度目になんとか突破出来ました。

1201c.jpg

「前回高値が抵抗ライン」や「3度目でブレイク」など、オンカジの収支グラフですが、FXのチャートに似たものがあるのは不思議です^^;

収支管理表は以下になります。

<MBR3D-R収支管理表11月>
1201d.jpg
↑クリックで拡大します

<11月度のデータ>
・稼働日数:30日
・収益:+$1,871.3(累計$5,358.4)
・稼働PC:7台(11/6~)
・リカバー失敗:8回

※カジノ別取引履歴は、時間とスペースの関係で今回は割愛します。


~~~~~~~PC7台稼働での考察~~~~~~~

▼リカバーポイントに関して

『10月の結果』 の記事の中で、「私が考えるリカバーポイントの精度(根拠)は、データの裏付けで処理(選択)しようという考え方で、(中略)決めた事に対しては、ブレずに進んでいくことです」 という内容で書きましたが、今月の3日連続及び2日連続のリカバー失敗時に再度考えました。

結論から言うと、現在アップしています 『MBR3D-R解説PDF-追記最新版-』 に記載したリカバーポイント及び手順に後半戻しました。

理由は、初月に比べて明らかにリカバー成功率が落ちている(PCの稼働数が違いますので単純には比較出来ませんが)為で、プレイを重ねるうちに最初に根拠にしていた物をいじり過ぎた感があります。

GFPさんも含め、現状はこのポイントでプレイを続けて行きたいと思います。


▼稼働PCを増やすのは、” 結果の先取り ” に過ぎない!?

先月からPCを7台に増やし、やり過ぎ(^^;)の感もありますが、7台にした最大の理由は、リカバー失敗の凹みを早く回復させる為でした。

リカバー失敗による1回あたりの損失額は、$344.3と固定されているので、稼働PCを増やすことにより、その回復期間は短くなります。

ただ、今回のプレイを終えて感じたことは、PCが3台でも5台でも、仮に1台稼働であっても、” 訪れる結果は同じになるのではないか?” という仮説です。

これはどういう事かと言うと、当ブログで、「確率論攻略法の落とし穴」という記事内でも説明しています、” 各数字の出目の波 ” これですね↓

1201e.jpg

各数字に波があるように、エントリーポイントとリカバーポイントを固定した場合に、勝ち負けを決める波が、各テーブル(ゲーム画面)にも発生すると言えます。

こんな感じです。

1201f.jpg

少し前の記事で、” ログアウトした後でもゲーム画面は引き継げる ” という内容で記述しましたが、この認識が正しければ、ソフト版ルーレットのゲームは、画面を開いた後でランダムに数字が選出されるのではなく、『開いたゲーム画面そのものに出目のプログラムが組んである』 と考えるのが妥当です。

プレイテック系ではありませんが、昔、カジノオンネットというカジノでプレイしていた頃に、ヨーロピアンルーレットを選択するとテーブルが100個近くあったのを記憶しています。

ランダム抽出であれば、テーブル選択は1つで良いわけですが、現実にプレイテック系でも3画面まで同時に開きますし、1つ消して再度立ち上げると別の数字の並びの画面が出てきます。

つまり、同じテーブルのゲーム画面でプレイを続けていけば、先ほどの ” 勝ち負けの波 ” がいずれ訪れ、稼働PCを増やすのは、” 結果の先取り ” に過ぎないという結論になります。


▼最終的には、『確率統計』 的に勝つしかない

ここまで偉そうに書いてきましたが、あくまでも私個人の見解であり仮説ですので、その辺は汲み取って読んで頂ければと思います。

では、” オンカジで毎月利益を出し続けるにはどうしたら良いか ” を考えてみました。

先程の「勝ち波」の時には何の問題もないのですが、いわゆる「負け波」の時に、” いかに凌ぐか ” がポイントになりそうです。

ここで、随分前の記事で紹介した、勝間和代さんが麻雀のプロ雀士になった際のインタビュー記事を思い出しました。(※確率統計のゲームから見る勝率のバラツキ

再度、書き出してみますね。

----------(以下、引用)----------

記者:いくら確率統計のゲームとはいっても、確率では説明のできない「運」や「流れ」といったものが介在する余地も大きいのでは?

勝間:「運」というか、私はずっと 「確率のばらつき」 と呼んでいます。

記者:運が悪いと感じた時はどのようにしのげばよいのでしょう?

勝間:簡単ですよ、回数やることです。あとは運が悪い時って、確率的に正しいことをやっていても振り込むんですよ。それでもその確率計算が合っていれば、絶対に同じ戦略をとり続けるべきなんです。そこで弱気になると本当に負けてしまうので。

----------(以上、ここまで)----------

勝間さんが言うように、その確率計算が合っていれば(エントリーポイントとリカバーポイントにある程度の有効性があると思われれば)、絶対に同じ戦略をとり続けるべき!だと思います。

私がリカバーポイントを元に戻したのも、これによるところで、勿論、複数カジノの巡回でリスクと利益を分散させておくことは前提です。

ただ、そうは言っても、「負け波」がきつかったり、「負け波」の入口が判らずにズルズル行ってしまうことはあります。

こういう時は、” 休むも相場 ” という言葉があるように、週や月が変わるまで待つのも良い立ち回りだと思います。

私の個人的なスタンスとしては、仮にその月の利益がプラマイゼロでも全然OKです。

大事なのは手持ち資金をショートさせず、次の「勝ち波」で利益を伸ばすことです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以上、本日の記事は大変長くなりましたが、MBR3D及びMBR3D-Rに関する記事は、これで一旦終了とします。

今年の初めに、” 少額資金で稼ぐ方法を模索する ” というところから始まったのですが、約1年掛かりましたね^^;

さて、次回からは、次期自動ツール のお話をしていこうと思います。

ちょっとだけ、お見せしますね~[猫]

↓クリックで拡大します
1201g.jpg
では、皆さんの勝利にGood Luck!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。